月別アーカイブ: 4月 2013

労働法、実態に即して見直しを求め提言

経団連は現行の労働基準法が実態に即していないとして、
見直しを求める提言を発表しました 目


 経団連は15日、現行の労働基準法は明治時代の工場法を下敷きにしており実態に即していない、として労働時間や勤務地などの規定を柔軟に見直すことを求める提言を発表した。

 とくに一日働いた労働時間を実際にカウントするのではなく一定時間働いたことにできる“みなし労働時間”を規定した「企画業務型裁量労働制」は対象業務や労働者の範囲が狭く企業にとって導入メリットが低いと指摘。対象業務は労使の話し合いに委ね、労働者の範囲も現行法の「常態」ではなく「主として」に改めるべきとした。

 経団連は毎年1月に春闘の指針となる「経営労働政策委員会報告」で労働時間や労働条件に関する基本的な考え方を示しているが、提言の形で発表したのは2005年以来。「よりわかりやすい形で発信することが大事」(労働法制本部)としている。


Yahoo ニュースより抜粋】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130415-00000555-san-bus_all

 

今までは労働者保護に大きく偏っていた流れが
徐々に正常化されつつあるのではないでしょうか !?

経営者の皆さんは結果を求めて、真摯に業務に取り組む従業員に対して、
自分の会社で活躍してもらいたいという意識は高く、
それを理解できない経営者は市場から退場(倒産)を求められます ダウン

もっと柔軟でかつ、流動性のある労働市場形成のためにも、
現在の労働市場に即した法律改正も必要になってくるかと思います ビックリマーク


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所) 就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
Mail:info@and-pd.jp  http://www.and-pd.jp社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!


※無料相談(初回(30分)のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!
カテゴリー: 労働基準法 | コメントをどうぞ