株式会社の作り方と運営

かなり間が空いてしまいました・・・・あせるあせる

今日はPRです ビックリマークビックリマークビックリマーク

先月の末に執筆協力させて頂いた本が出版されました クラッカー

ブログのタイトルのとおり、『株式会社のつくり方と運営』です ニコニコ

裏表紙開いた所と少し分かりづらいですが、
バッチリとHPのURLも掲載して頂き、感謝です ニコニコ

会社設立を考えられている方々は是非、ご購入下さいね ビックリマークビックリマーク

もう少し時間にゆとりが出たら、出版にもチャレンジしたいと思います アップアップ


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所) 就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
Mail:info@and-pd.jp  http://www.and-pd.jp

社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!


※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!
カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

「がんこ」残業代未払い5億円、書類送検へ:大阪労働局

私も普段、食事で利用させてもらっている『がんこ』で未払い残業問題がありました・・・ あせる


 大手和食チェーン「がんこフードサービス」(本社・大阪市淀川区)が、直営店の従業員らに残業手当や深夜勤務の割り増し賃金を支払っていなかったなどとして、大阪労働局は28日、労働基準法(時間外割増賃金の不払い)違反などの疑いで、同社社長(65)ら役員数人と、法人としての同社を29日にも大阪地検に書類送検する方針を固めた。

 同労働局によると、同社は大阪府岸和田市の直営店「岸和田五風荘」の従業員約100人の一部に、残業代や深夜割り増し賃金を支払っていなかった疑いが持たれている。

 大阪労働局は昨年12月、同社関係者からの内部告発を受け、同社本社など5カ所を家宅捜索。過去2年分の賃金支払い状況などを調べたところ、月45時間を超える残業代の不払いが発覚した。

 同社は過去にも従業員への残業代不払いなどをめぐって行政指導を受けており、同労働局は再三の指導に従わず、同社が組織的にサービス残業させていたのは悪質と判断した。

 労働基準法は、従業員に時間外労働をさせた場合、通常より25%以上割り増しした賃金の支払いを企業に義務付けている。

信用調査会社などによると、同社は昭和38(1963)年4月に創業。関西を中心に「がんこ寿司」など和食店や居酒屋約90店舗を運営し、展開している。従業員数は約730人。資本金は9500万円で、昨年7月期の売上高は215億円。

【用語解説】サービス残業
 賃金が支払われない、ただ働きの時間外労働。労働基準法は使用者に対し、1日8時間、1週間に40時間を超えて働かせてはならない、と残業を原則禁止している。事前に労使間で協定を結んだ場合は残業が認められるが、使用者が25%以上の割増賃金を上乗せして支払うことを義務付けている。これは正社員だけでなく、パートなどの非正社員にも適用される。

【msn産経ニュースより抜粋】
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120529/waf12052907100004-n1.htm

是正に対して真摯な対応をされていれば、
『書類送検』までいかないと思いますが、何か色々な事情があったんでしょうかね・・・・ 汗

年度初めに大阪の労働行政は『賃金不払残業の解消を図る』とありましたので、
有名な企業を公表し、他の企業への引き締め効果を狙ってもいるのでしょうね・・・ 叫び

労働者『過保護と』も言えるような状況では、
色々な意味で経営者は対策を練る必要がありますよね・・・ 目

そういった企業の力になれるよう、日々精進です グッド!

大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)といえば・・・ グッド! 


アンドディー(社会保険労務士事務所) 】 

就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

  

特定社会保険労務士:岡本 和弘 

〒540-0032 

大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階 

(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い) 

TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834 

Mail:info@and-pd.jp
  http://www.and-pd.jp 

社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!

  

※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい! 

 

カテゴリー: 労働基準法 | コメントをどうぞ

平成23年の定期監督等の実施結果(東京労働局発表:平成24年5月11日)

東京労働局が労働基準監督官の事業所への立ち入り検査する
定期監督の2011年度分の結果を発表しました 目

労働基準法違反などがあったのは8,659件のうち71.0%で、
前年度より0.5%減となりました ビックリマーク

違反内容では「届け出がないまま法定労働時間を超えて働かせている」
等、労働時間関係の違反が2,359件と、全体の27.2%を占めています。

「時間外や深夜労働をさせているのに法定割増賃金を支払っていない」等、
割増賃金の違反が同20.0%、就業規則の作成や届け出をしない違反が
同16.6%に上りました。

※実施結果のレポートは下記サイトからご覧下さい ダウンダウンダウン
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/news_topics/houdou/_97455/_98955.html

介護業界も労働法令順守が厳しくなり、
ますます、どのように『予防するか』が重要になりますね あせる

お困りの事業主様は是非、お気軽にお問合せ下さい にひひ


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所) 就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
Mail:info@and-pd.jp  http://www.and-pd.jp

社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!


※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!
カテゴリー: 労働基準法 | コメントをどうぞ

退職金と年金の官民格差是正へ

政府は4/26、退職金と年金を合わせると公務員が民間より約400万円多い問題で、
公務員優遇を見直す有識者会議の初会合を開かれました 目


 政府は26日、公務員らが加入する共済年金独自の上乗せ給付「職域加算」と退職金をめぐる官民格差を議論する有識者会議の初会合を首相官邸で開いた。格差是正に向け中間報告を6月ごろ取りまとめる予定で、座長には森田朗学習院大教授が選ばれた。【Yahoo ニュースより抜粋】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120427-00000108-san-pol

 

これは3月に人事院が2010(平成22)年度の退職給付で
公務員が民間より約400万円多かったとの調査結果を公表し開かれたものです。

しかし、この会議では今までの職域加算に代わる新しい給付制度も
議論する予定との事で、結局は給付制度は継続されるようですね・・・・ あせる

しかも私の思う所、この民間の統計数字はほとんどが大手や待遇がいい企業で、
実際の所はもっと金額に開きがあるものだと考えています プンプン

退職金や退職年金の制度がない会社、かなり多いですから・・・・ ショック!

どの統計データもそうだと感じますが、自分たちに都合のいいデータだけを公表し、
自分たちの処遇を上げていくのは問題ですよね・・・・ パンチ!


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所) 就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
Mail:info@and-pd.jp  http://www.and-pd.jp

社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!


※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!
カテゴリー: 国民・厚生年金 | コメントをどうぞ

健康診断:協会けんぽ 大阪

久しぶりのブログです、、、、

早速ですが、新年度になり、本日は健康診断のお知らせです 目

協会けんぽでは35歳以上の被保険者(ご本人)を対象に、
生活習慣病予防健診を実施しており、健康診断を受診されるにあたり、
様々な補助が受けられます 合格

詳細はコチラの協会けんぽHPをご覧下さい。 ダウンダウンダウン
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/13,86018,98,347.html

健康診断は自分の健康状態を知る第一歩でもあり、
是非、健康状態をチェックしてみてはいかがでしょうか !?

私も数年、健康診断に行っておらず、今年35歳になる歳ですし、
是非、健康診断を受診してみようと思います。。。ショック!


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所) 就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
Mail:info@and-pd.jp  http://www.and-pd.jp社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!


※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!
カテゴリー: 健康保険 | コメントをどうぞ

厚生年金で事業所調査  加入逃れの半減目指す

少し前のニュースですが、社会保険加入の調査を
全事業所を対象に4年に1度実施するようですね 目


 厚生労働省は21日、厚生年金への加入義務があるのに加入手続きをしない事業所について、3年以内に半減させる目標を定め、約175万カ所ある全ての対象事業所を4年に1度、調査する方針を決めた。 同日の民主党厚生労働部門会議で示した。厚労省はパートなど非正規労働者を2016年度から厚生年金、健康保険に加入しやすくする法案を今国会に提出するが、加入逃れ事業所の把握を徹底し、加入拡大に備える。

 保険料負担を逃れるため、国の指導を受けても加入手続きを怠る事業所は依然として多く、10年度末で少なくとも約11万カ所に上る。

【下記URLより抜粋】
http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012032101001612.html
 

やはり社会保障の問題からしっかりとした把握が必要になってきますよね、、、 あせる

でもお陰様で益々、私の需要も高まるかも ニコニコ

年金事務所の適用調査でお困りでしたら、
是非ともご連絡頂ければ、きっとお力になれると思いますチョキ

お困りの方はお気軽にお問合せ下さいね アップ


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所) 就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
Mail:info@and-pd.jp  http://www.and-pd.jp

社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!


※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!
カテゴリー: 国民・厚生年金 | コメントをどうぞ

会社にしがみつかない!?

少し前、ヤフーニュースに『「会社にしがみつかない」ワークスタイル』
という記事が掲載されていました 目


■優秀な社員ほど社外活動を始めている 昨年3月の東日本大震災以降、私が主宰する「週末起業セミナー」の参加者が急増している。一昨年のほぼ倍の人数である。週末起業とは、会社員でありながら余暇を利用して起業することで、リスクを抑えつつ事業を始められる方法だ。
 以前は、「いつか起業したい」という夢を抱きながらセミナーに参加する人が大半だった。現在はもっと切羽詰まった雰囲気で、不況に円高や電力不足、増税の不安定要素が重なり、「いつクビになってもおかしくない」「会社がなくなるかも」と、多くの人が会社生活に不安を抱えている。また、帰宅難民などの体験で、「家族の近くで働きたい」「やりたいことを先延ばししているうちに死ぬかもしれない」という現実にも気づき始めた。

 会社での成績が上位2割層に入るような優秀で問題意識が高い人ほど、現状に強い危機感を持ち、週末起業などの社外活動を開始している。企業の耐用年数が短くなっている現代に、一つの会社だけで働き続けることは丁半博打のように危険な賭けだからだ。
「目の前の仕事に一生懸命に取り組んで自分の市場価値を高めるべきだ。そうすれば転職もできる」との反論もあるだろう。もちろん、平日は会社の業務をきちんとやり遂げるべきだ。それによって高まる能力もあるだろう。
 しかし、「勤める」ということは他人からの評価に依存することを意味している。上司が代わったら評価も変わってしまう。組織に属していると、自分ではコントロールできない部分が多くなる。それなのに、丁半博打のように突き進むのは非常に危険だ。また、今の会社からリストラされるような時期には雇用状況が悪化している。どんなに優秀な人でも条件のいい転職は難しい。自分や家族の病気で急に会社を辞めざるをえないことも起こりうる。あなたは、そのときの「保険」をちゃんとかけているだろうか?

 収入増の必要に迫られて、夜間や休日にアルバイトや副業を始める人もいる。否定はしないが「雇われ先」を増やしているにすぎず、リスクヘッジになっていない。不動産や金融商品などへの投資もリスクが高すぎる。
 では、最もリスクが低くて将来有望な「保険」は何だろうか。それは、給与所得を維持しながら事業所得も得ることだ。まずは1円でも給料以外のお金を稼ぐことを考えたい。自分だけの顧客を持っていれば、どんな不況でも収入がゼロになることはない。小さなビジネスを自分で切り盛りすることで、会社員としての能力も高まる。まさに一石二鳥なのだ。

■二足のワラジ、フリーエージェント、転職+起業……。「本業+α」という道

「自分にはビジネスにするほどの特技はない」という人も少なくない。しかし、それは間違いだと断言できる。会社での経験、趣味、子どもの頃の夢など、自分の棚卸しをすれば「商売のネタ」は誰もが必ず持っているものだ。
 例えば、趣味のバドミントンを生かし、教材づくりやグッズ販売を手がけて、年商1億円のビジネスに育てた人がいる。テニスが趣味だがインストラクターをするほど上手ではないという人が、毎日のようにテニストーナメントを開催し、そのお金で家を建てた例もある。
 優秀な会社員におすすめなのは、自分が属する職種を切り口にした「コンサルタント」である。例えば、ある住宅メーカーの敏腕営業マンは営業コンサルタントとして活躍している。もっと切羽詰まっている人は、現在の仕事の延長線上で事業を始めてもいい。ただし、会社では受けられないような小さな仕事を個人で受けるなどのすみ分けが必要だ。

 管理職の人には、「個人向けコーチ」という選択肢もある。キャリアなどの相談事をじっくり聞き、自ら答えを出せるよう導く。会社でコーチング研修を受け、職場で実践している人ならば、すぐにでも始められるビジネスだ。個人コーチを持つことが日本でも定着しつつある今、意外なほど需要がある。
 コーチ代は、週1回30分ほどの電話相談で月3万円が相場。お互いに昼間は会社勤めなので夜に電話をする。相談者を10人持っていたら、単純計算で30万円の副収入が確保できるのだ。
 営業は、ブログやSNS、メルマガを活用してお金をかけずに行っている人が多い。実績をつくり信頼を勝ち取れば、口コミで顧客が広がっていく。

 以上のような方法論を聞きたがる人は多いが、実際はまったく難しくない。既存のやり方をそのまま真似ればいいからだ。コンサルタントやコーチの開業方法などはいくらでも指南書がある。
 大切なのは、独自性を打ち出すことだ。いきなり「経営コンサルタント」を名乗っても無数の先達の中で埋もれてしまう。しかし、例えば、「文房具コンサルタント」ならば競合が極めて少ない。
 どんな小さなネタでもいい。自分がやれること・やりたいことを既存のビジネスモデルと組み合わせる。それだけで単なる会社員を脱皮し、新しい働き方の世界に足を踏み入れることができるだろう。

 【Yahoo ニュースより抜粋】
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120311-00000002-president-bus_all

少し前の時代みたく『今日より明日、明日より明後日』と
必ず良くなる時代ではなくなりました 叫び

長い人生、様々な予想しないハプニングが起こりえますし、
その時に乗り越える為の『保険』をかけておく必要があります ガーン

私もどんな状況になったとしても人生を楽しめるよう、
色々と興味を持って、取り組んでいきます グッド!


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所) 就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
Mail:info@and-pd.jp  http://www.and-pd.jp

社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!


※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!
カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

協会けんぽ大阪支部事務所移転

協会けんぽ大阪支部の事務所が3/21(水)から移転します 目


◆◇◆    お知らせ    ◆◇◆1 【協会けんぽ大阪支部の事務所が移転します】協会けんぽ大阪支部では、現在、「大阪市中央区平野町2-3-7 アーバンエース北浜ビル」で業務を行っておりますが、「場所がわかりにくい」というご意見を多数いただいております。

そのため「経費削減」と「お客様の利便性向上」を目的に平成24年3月21日(水)より、「大阪市西区靱本町1-11-7 信濃橋三井ビル」へ移転いたします。

加入者および加入事業所の皆さま、関係者の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

 【平成24年3月19日(月)まで】

〒541-8549
大阪市中央区平野町2-3-7
アーバンエース北浜ビル11階
電話:06-6201-7070(代表)

        ↓↓

【平成24年3月21日(水)から】(3月20日は祝日のため休業です)

〒550-8510
大阪市西区靱本町1-11-7
信濃橋三井ビル6階
電話:06-7711-4300(代表)

 詳しくはこちらをご覧ください
http://merumaga-kanri.kyoukaikenpo.or.jp/cl/M02/2201000293/3030963/13549
【協会けんぽ大阪支部メールマガジン第60号 より抜粋】

書類の送付先、電話番号も変わるので私も気をつけないと ビックリマーク

皆さんもお気をつけ下さいね にひひ


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所) 就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
Mail:info@and-pd.jp  http://www.and-pd.jp社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!


※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!
カテゴリー: 健康保険 | コメントをどうぞ

民間上回る2950万円 国家公務員の退職給付

やっぱり国家公務員は優遇されてますよね。。。

 

 
 2010年度に退職した国家公務員が受け取る上乗せ年金に退職金を加えた1人当たりの退職給付の合計額は約2950万円と、民間企業の従業員を約402万6000円(13.65%)上回ることが7日、人事院が公表した比較調査で分かった。景気低迷を反映して民間の給付水準が落ち込んだことが原因とみられ、人事院は同日、政府に官民の格差是正を求める意見書を提出した。
 調査は財務・総務両省の要請を受け、人事院が昨年10月11日から11月30日にかけて実施。全国の従業員50人以上の民間企業3614社から回答を得た。調査結果は、公務員が加入する共済年金と民間の厚生年金の統合に向けた被用者年金一元化法案の検討材料となる。 

【Yahoo ニュースより抜粋】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120307-00000110-jij-pol 

現在の中小企業でこんなに退職金を支払ってるなんて
聞いた事がないんですけど。。。。あせる
 
『従業員50人以上の民間企業3614社からの回答』とありますが、
そのデータって公表されてるんでしょうかビックリマークはてなマークはてなマーク

100人以下の会社で退職給付を2500万円も受け取った方、
どんな仕事をしてる方でしょうか。。。
(※天下り先の独立行政法人とかだけなんじゃないですかね、、、、)

もちろん皆さんはご存知ですよねビックリマークはてなマークはてなマーク

私たち35歳前後の人たちが新卒で入った頃は
『退職金ナシ』の会社なんて当たり前ですし、
現在でも退職金制度がない会社は増えてると感じます。

そういった、退職金ナシも平均に反映して欲しいと
感じるのは私だけでしょうか。。。 汗

国家公務員には、実質の給与以外に隠れた福利厚生が多数存在しますし、
そういった給与水準に見えない恩恵も色々あります。

国内の会社の99%は中小企業と言われているのに、
都合のいい所は大企業を水準に決められる。。
(※しかも高い水準のデータだけを使って、、、、)

考えてみて下さい。退職金を少ししか出していない会社の担当者が、
こんなアンケート調査に協力すると思いますかビックリマークはてなマークはてなマーク

『うちはそんなに出ていないんで、、、』とか言ってお断りします。

実際、私が人事担当の時は提出してませんでした。。叫び

これがまかり通っている限りはやはり良くならないでしょう。。

やっぱ、公務員が得になる世の中なんでしょうかね。。。ダウンダウンダウン


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所) 就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
Mail:info@and-pd.jp  http://www.and-pd.jp

社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!


※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!
カテゴリー: その他 | コメントをどうぞ

花粉シーズンに突入。。

先週の金曜日、大阪、愛知など1府12県が
花粉シーズンに突入したというニュースがありました  目

 
ウェザーニューズは本日、大阪、愛知など1府12県が“花粉シーズン”に突入したとを発表した。大阪府内に在住する花粉症患者の24時間以内の報告によると、40%以上の方が「ややつらい」かそれ以上の症状を感じ始めているという。

 ほかに愛知県、福岡県、静岡県、岐阜県、福井県、兵庫県、和歌山県、佐賀県、長崎県、熊本県、山口県、山梨県でも、花粉症の症状が出始めるレベルの花粉が観測されている。

 同社によると、今日は、雨上がりに晴れて、気温が上がり、花粉の飛散に好条件となり、大阪府内10カ所の観測地点で、花粉に敏感な人に症状が出始める花粉飛散量(10個)を超えるレベルに達することが予想されるという。

 今後の飛散予測については、3月に入ると寒さが一段と緩んで、花粉の飛散量が増えると見込まれる。今シーズンの飛散量は、飛散量の多かった昨年の3割程度に留まる地域が多いものの、例年並みの飛散量になるという。同社では花粉症の患者に対し、最新の花粉飛散情報を確認し、十分な対策を取る必要があると呼びかけている。

【Yahoo ニュースより抜粋】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120224-00000058-impress-ind 

 

週末は気温が下がりましたけど、次、上がった時が怖いですね。。 叫び

今年は早めに今月中旬から甜茶(テンチャ)を飲んでるので準備は万端です ビックリマーク

症状がひどくならないよう、祈ってます カゼ


大阪の社会保険労務士(大阪 社労士)
といえば・・・ グッド!

アンドディー(社会保険労務士事務所) 就業規則作成、労働トラブル対応(未払い残業・労務対策) 専門
(※労働トラブルの多い企業の人事担当者として豊富な経験)

特定社会保険労務士:岡本 和弘

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町1番1号 大阪キャッスルホテル4階
(※事務所は京阪天満橋(大阪市営地下鉄 天満橋)すぐ、大川沿い)
TEL:06-6940-0833 / FAX:06-6940-0834
Mail:info@and-pd.jp  http://www.and-pd.jp社会保険労務士(社労士)との顧問契約、
労働基準監督署(是正勧告)対応、各種相談アドバイス、
セミナー講師依頼、労働保険・社会保険手続き代行もお任せ下さい!


※無料相談(初回のみ)、随時応じます。お気軽にお問合せ下さい!
カテゴリー: 日常 | コメントをどうぞ